漫遊写真帳

Category : 小田原市内

田島さくらの里のおかめ桜など

梅さんぽ最終日の日、曽我梅林近くの「田島さくらの里」に寄ってみると、おかめ桜がほぼ満開になっていた。

小田原市田島のおかめ桜
剣沢川沿い約700mに渡って植えられたおかめ桜は、なかなか見応えがある。

風月堂の田植餅とはれひめみかん
曽我梅林の直売所で、「はれひめ」というみかんを買った。皮を剥くと、ネーブルのような香りがする。酸味と甘みが程よいバランスで美味しかった。
しかし、「がんばったBさん」て、どういう意味だろうか。
下曽我駅近くの風月堂で、前回食べた赤飯を買おうと思って立ち寄ったのだが、赤飯はあいにく売り切れていた。そこで、居合わせた近所の方の勧めで田植餅(一つ90円税別)を買ってみた。ほのかに香るよもぎ餅と粒餡が、何とも懐かしい味わい。

在来みかんと青島みかん
こちらは、先日同じ直売所で買った「在来みかん」と「青島みかん」。
食べ比べてみると、その違いは、う〜んあまり分からなかったなあ。
スポンサーサイト



梅の里さんぽ最終日

曽我梅林では、例年行われる「小田原梅まつり」に代わって、今年は「小田原梅の里さんぽ」として縮小開催された。
最終日の2月28日、晴れて暖かだったので、自転車で出掛けてみた。

曽我梅林の梅と富士山
昼過ぎになっても、富士山は綺麗に眺めることができた。
自転車を引きながら、会場をウロウロと写真を撮り歩いた。

梅の里スナップ

梅の里スナップ

梅の里スナップ

梅の里スナップ

梅の里スナップ

梅の里スナップ

流鏑馬神事や寿獅子舞などのイベントが見れなかったのは残念だが、まあ来年以降のお楽しみということで。

城址公園梅さんぽ&興福順の刀削麺セット

梅は花期が長いうえに、品種によって開花時期がずれるので、花見も長く楽しむことができる。

小田原城址公園の常盤木橋と紅梅
晴れて風が弱ければ、もう春の暖かさだ。

小田原城址公園銅門広場の白梅
開花が遅かった銅門広場も、ほぼ満開になっている。

飼い主を待つ犬の後ろ姿
飼い主を待つ犬。

飼い主と犬の後ろ姿
信頼感の深さを感じるね。

興福順の刀削麺と麻婆飯セット
昼に食べた「興福順」の刀削麺セット(980円税別)。
この店の刀削麺は、平べったくて、ちょうどきし麺のような食感。
麻婆飯と合わせて、たっぷり2人前の量で満腹になった。

興福順の刀削麺セットメニュー
次回は何を食べようか、考えながらメニューを眺めるのも楽しみの一つ。

曽我梅林散歩

2月19日は、穏やかな晴天になったので、曽我梅林を散策した。

小田原別所梅林
木によって違いはあるけど、梅の花はほぼ満開になっている。

曽我梅林から望む富士山
気持ちの良い青空。
富士山にも、全く雲が掛かっていない。

小田原曽我梅林散歩
風が吹くと、花の香りが漂ってくる。

別所梅林の露店
みかんや梅干しなどを売る露店が出ている。

下曽我駅風月堂の赤飯と桜の塩漬け
昼は、下曽我駅近くの風月堂で買った赤飯を、ベンチに座って食べた。
おかず代わりに桜の塩漬けもついでに買った。塩味が強いので、お粥やお茶漬けにあいそうだ。

曽我梅林のみかん直売所
下曽我駅までの途中、みかんの直売所が何箇所かにある。地元のみかんにも、随分種類があるもんだなあ。
「在来みかん」と「青島みかん」を一袋ずつ買って帰った。

小田原市早川自転車散歩

早川地区を、自転車でひとまわりしてみた。

早川観音のサル出没を知らせる貼り紙
先ずは早川観音にお参り。
貼り紙がしてある。こんな場所まで、猿が出没するらしい。

早川地区の町並み
この裏通りは、昭和の風情が感じられて良いなあ。

早川地区の町並み
カゴには、収穫されたばかりの夏みかんが詰められている。

早川海岸のカヌー
海岸線に出てみよう。
岸に着くのはカヌーだろうか。

漁港の駅totoco小田原
「漁港の駅」は、駐車場もほぼ満車状態で、観光客で賑わっていた。

早川漁港
早川漁港へ。
風もほとんどなく、暖かで、自転車を漕いでいると少し汗ばんでくる。

早川漁港の釣り人
コマセカゴを付けているので、イワシでも狙っているのかな。

公園猫
帰りがけ、城址公園に寄ると、暫く振りの知り合い猫がいた。
相手も「おお、久し振りだな」とでも言っているような表情だ。

この日は、走行距離30kmちょっとのポタリングができた。

管理人より

漫遊人mkat

Author:漫遊人mkat
記録写真をもとに、備忘録代わりに更新しています。
分類 [写真帳-] は撮りためた写真置き場。画像はクリックで拡大されます。

地域・分類

最新記事

リンク

月別更新履歴

検索フォーム

QRコード

QR

Top