漫遊写真帳

Category : 南足柄市

春木径・幸せ道の春めき桜満開

南足柄市 "春木径・幸せ道" の春めき桜も、ちょうど満開になっていた。

南足柄幸せ道の春めき桜
風も穏やかで、暖かな日だ。
この日は、富士山は、ちょうど雲に隠れてしまっている。

南足柄幸せ道の狩川から見上げた春めき桜
以上2枚は幸せ道にて。

春めき桜花見客で賑わう春木径
平日でも、かなり大勢の花見客が訪れていた。

南足柄春木径の春めき桜
以上2枚は春木径にて。

花見期間中は、狩川に隣接する辻下グラウンドが、駐車場として解放されている。
スポンサーサイト



一の堰ハラネの春めき桜満開

3月11日、南足柄の春めき桜巡りをしてきた。

南足柄一の堰ハラネの春めき桜
先週末にもう一息だったのが、この日にはちょうど満開になっていた。

南足柄一の堰ハラネの春めき桜
正面の上道からだと、ちょうど花の斜面を見下ろすことができる。

上道から見下ろす一の堰ハラネの春めき桜
上道から見下ろしてみよう。斜面は東向きなので、午後には日陰になってしまう。

一の堰からの農業用水

覚え書き・・・
一の堰ハラネとは、ちょっと変わった地名だが…
この用水が、酒匂川水系文明堤 "一の堰" から供給されている。そしてこの辺り(怒田丘陵)の斜面が "ハラネ" と呼ばれる。"一の堰ハラネ" という呼び名は、これに由来するらしい。
(南足柄市関連の資料より)

春木径・幸せ道の春めき桜開花状況

南足柄の春めき桜(品種名は "春めき" )といえば、春木径・幸せ道も有名だ。

南足柄市スナップ春木径・幸せ道
狩川右岸(写真の左側)が春木径、左岸(写真の右側)が幸せ道。
川の両岸は、下流に向かって右側が右岸、左側が左岸となる。

南足柄春木径の春めき桜
春木径は五分咲きくらいだろうか。

南足柄幸せ道の春めき桜
幸せ道も似たようなもの。ほぼ同じ環境だから、当たり前か。
今週末には満開になっているかな。

南足柄幸せ道にいた地域猫
猫が出てきた。
近くに水が置かれていたので、世話をして貰っている地域猫だね。

一の堰ハラネの春めき桜開花状況

南足柄市一の堰ハラネで、春めき桜の開花状況を見てきた。

南足柄市一の堰ハラネの春めき桜
満開まであと一息といったところ。

南足柄市一の堰ハラネの春めき桜
春めき桜の品種名は "春めき" (平成12年3月30日品種登録)。出願時の名称は "足柄桜" だったそうだ。
また、"一の堰ハラネ" とは変わった呼び名だけれど、この辺りの丘陵斜面が "ハラネ" と呼ばれること、斜面の下を流れる農業用水が "一の堰" から供給されていることによる。

南足柄スナップ一の堰ハラネ
すぐ近くでは菜の花も咲いている。
今週末あたりに、また来てみようかな。

洞川沿いの河津桜

小田原城の河津桜を見た翌日、南足柄市洞川の桜並木に出掛けてみた。

南足柄洞川の河津桜
南足柄市運動センターすぐ西側の洞川沿いに、河津桜が植えられている。

河津桜の花
河津桜は、色が濃く、花がまとまって付くので、見映えがする。

護岸工事中の南足柄市洞川
護岸工事だろうか。

河津桜を前景にした洞川の流れ
この時期、カモが棲み着いている筈なのだが、工事の影響だろうか、今年は姿が見えない。

満開の南足柄洞川の河津桜
良く見ると、まだ少し蕾が残っている。週末には、ちょうど満開になっているかな。

覚え書き・・・
カワヅザクラ(河津桜)は、日本にあるサクラの一種である。オオシマザクラとカンヒザクラの自然交雑種であると推定されている。
1月下旬から2月にかけて開花する早咲き桜である。花は桃色ないし淡紅色で、ソメイヨシノよりも桃色が濃い。また花期が1ヶ月と長い。
(Wikipediaより)

Top