チョーク トゥンハイ のお粥

20240204175308f82.jpeg
魚はスズキ。
魚肉そのものは淡白なので、右上のタレを付けるとちょうど良い。
このお粥はカオトム。米粒が残っているお粥だ。
これで80バーツ(約320円)。

202402041753067b7.jpeg
こちらのお粥はチョークと呼ばれる。
砕け米を使って良く煮込んであるので、米粒はなくなり、
殆どクリーム状になっている。
牛肉なので、100バーツ(約400円)だ。

昼にブッフェなどでたっぷり食べた日は、夕飯はお腹にやさしいものが良い。
そんな理由で、時計塔近くの、このお粥屋に行くことが多い。

スポンサーサイト



2024-02-04 : タイ国チェンラーイ飲食 :

PAPA UNO のモーニングサービス

202402032221430a5.jpeg

生野菜は新鮮で、オムレツの焼き加減がちょうど良い。
これで180バーツ(約720円)は、朝食としてはちょっと贅沢だけど、
まあ値段相応に美味しい。
モーニングサービスの時間は10時迄になっていたが、それを過ぎても大丈夫だった。

2024-02-03 : タイ国チェンラーイ飲食 :

Pun Pun Rakのカプチーノ

20240202234249d0f.jpeg
チェンラーイ街中の喫茶店は、早い時間に閉店してしまう店が多い。
夕飯後にコーヒーを楽しみたくても、なかなか良い店がない。
ところが、花祭りの公園近くに、8時迄営業している店を発見した。
Pun Pun Rakという喫茶店がそれだ。

20240202234248cc0.jpeg
カプチーノが59バーツ(約240円)。
夜に営業しているというだけでも有り難いことだ。

2024-02-03 : タイ国チェンラーイ飲食 :

ドイチャンコーヒーのカプチーノ

20240202185518546.jpeg

ドイチャンコーヒーは、エアコンが効いていて、清潔で居心地が良い。
窓から整備された庭が見えて、
リスがすばしっこく動き回るのを観察するのもまた楽しい。
カプチーノが80バーツ(約320円)で、街中の喫茶店としてもちょっとお高めだ。
その昔は、Wi-Fiを使うために長居をする旅人もいたが。

2024-02-02 : タイ国チェンラーイ飲食 :

フイメンチェンラーイのワンタン麺

202402021055230d4.jpeg

チェンラーイのラーメン老舗と言えばフイメンチェンラーイ。
製麺工場もあって、嘗て市内の美味しい中華麺は殆どこの工場のものだった。
ラーメンもワンタン麺も同じ値段なので、いつもワンタン麺を注文する。
今年は普通盛り50バーツ、大盛り60バーツ(約240円)と値上がりしていた。
近年、夜まで営業しているのは有り難いが、麺の歯応えがちょっと変わってしまった。
以前よりやわらかくなってしまったように感じるのだ。
なので、今回の滞在では、まだ1回しか行っていない。

2024-02-02 : タイ国チェンラーイ飲食 :
ホーム  次のページ »

管理人より

陽月庵

Author:陽月庵
備忘録を兼ねて更新しています。
分類 [写真帳-] は撮りためた写真置き場。
画像はクリックで拡大されます。

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: