漫遊写真帳

Category : 写真帳-タイ国

タイ回想:ナイトバザールの恋

580103lx24.jpg
2015年1月、タイ国チェンラーイナイトバザール、Panasonic LX5。

話は、この写真より更に10年以上さかのぼる。
当時僕が滞在していた定宿に、やはり常連客の日本人がいた。彼もタイが好きで、毎年数ヶ月を北タイで過ごしていた。
タイ語は殆どできなかったが、いつも笑顔でいるので、現地の人からは「ケンちゃん」と呼ばれて慕われていた。タイ人は、いつも機嫌良く振る舞う人を好む。
ケンちゃんと僕がよく通う食堂では、ヌンちゃんという若い女性が働いていた。彼女は離婚歴があり、まだ幼い二人の子持ちでもあった。
二人の様子から、ともに好意を抱いているのは良く伝わってきた。
ある日、ヌンちゃんから恋の橋渡しを頼まれることになった。作戦はこうだ。僕がケンちゃんを誘ってナイトバザールに遊びに行く。ヌンちゃんも偶然(ここが大事)そこに居合わせる。3人で食事をした後、僕がさりげなく席を外す。
そして当日、事は順調に進んだ。
翌日、早速ヌンちゃんから報告を受けた。こんなやり取りがあったと言う。
「ケンちゃんは、ヌンの息子のことを愛するか?」
「うん、愛する」
「ケンちゃんは、ヌンの娘のことを愛するか?」
「うん、愛する」
「ケンちゃんは・・・(ちょっと間を置いて)ヌンのことを愛するか?」
「うん・・・愛する」
二人は見つめ合いながら、しっかりと手を握り合ったそうだ。ちなみに、二人の年の差は、二まわり以上だった筈だ。
恋の橋渡し役を務めた僕は、特にヌンちゃんに感謝された。
その数ヶ月後、ケンちゃんとヌンちゃんは、タイ式の結婚式を挙げて、隣の県に引っ越していった。
スポンサーサイト



タイ百景:モン族の少女

600102fx21.jpg
2017年1月、タイ国チェンラーイ県、Fujifilm X100。

明日1月26日は、チェンラーイ建都記念日だ。1262年のこの日に、メンライ王がこの地に都を開いたとされている。
例年1月26日から約一週間、市内の広場でメンライ王祭りが開催される。
県北部山岳地帯に住む少数民族も、バスで駆け付け、祭りに参加する。写真は、伝統舞踊を披露してくれたモン族の少女。
このような被り物は、モン族でも珍しい。

タイ百景:路上屋台

1201np24.jpg
2012年1月、タイ国バンコク、Nikon P100。

タイでは良く見かける、持ち帰り専門の路上屋台。
リヤカーの荷台に商売道具一式を積んで、朝から営業している。
この店は麺類を主に扱っていて、大きな寸胴鍋にはスープが入っている。
このスープが無くなれば、店仕舞いになるはずだ。

タイ百景:食堂新装開店

130131xz18.jpg
2013年1月、タイ国チェンラーイ県、Olympus XZ-1。

チェンラーイ市郊外にある食堂が新装開店。
安くて美味しい店なので、お祝いを兼ねてさっそく訪問。以前より店構えが少し立派になって、テーブル数も増えていた。
味は変わらず、値段も変わらないのが嬉しい。
棒に挟まれているのはお札で、客からの開店祝いだ。この数からしても、店の繁盛振りが分かるというもの。
20バーツ(約60円)札が多いが、普通の料理が20バーツからだから、なかなか大層なご祝儀だ。

タイ百景:宝くじ売り場

タイの宝くじ売り場で券を選ぶ人々
2012年1月、タイ国チェンラーイ、Rocoh CX3。

タイの人は宝くじが好きだ。
売り場にはずらっと券が並んでいて、自分の好きな番号を選ぶことができる。
当たれば大金持ちになれるので、番号選びは真剣だ。誕生日や記念日にちなんだもの等、自分のラッキーナンバーを探し出す。
チェンラーイでは結構当たりくじが出るそうだ。市場の店が急に店仕舞いしたので理由をきくと、「宝くじに当たったから、しばらく遊んで暮らすらしい」。こんなことは、一度や二度ではない。

管理人より

mkat

Author:mkat
散歩のついでに撮った写真です。備忘録を兼ねて更新中。
分類 [写真帳-] は撮りためた写真置き場。
画像はクリックで拡大されます。

地域・分類

最新記事

リンク

月別更新履歴

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top