漫遊写真帳

Category : 小田原散歩6月

二宮神社 6月30日

220630cxG0007.jpg
6月30日は、報徳二宮神社で「夏越の大祓」の神事がある。これは、半年分の心身の汚れや災厄の元になる罪や過ちを、茅の輪をくぐることで祓い清めるという儀式だ。
時間の方が17時30分からなので、残念ながら行くことができない。そこで、昼のうちに参拝をしておいた。

220630cxG0006.jpg
今月2度目になるが、汚れや過ちも多そうな身だから、念入りに祓って貰おう。

220630cxG0005.jpg
この日も暑さが厳しかった。
早いもので、今年もちょうど半分終わってしまった。先日、人生の先輩から聞いた教え「淡々と丁寧に」。無理せず、日々精進していきたいものだ。
スポンサーサイト



梅雨明け猛暑の小田原

梅雨明けした小田原は、6月28日も、35度超えの猛暑日になったようだ。

220628cxG0005.jpg
海風に吹かれていると、だいぶ涼しく感じられる。
この直後、風が強まって、白波が立ってきた。

220628cxG0003.jpg
陽射しの強さは殺人的。
何しろ、太陽高度は、年中で最も高い時期だ。

220628cxG0001.jpg
おしゃれ横丁には、例年どおり七夕飾り。

220628cxG0006.jpg
猫も暑さにバテ気味だ。
なかなか良い場所に納まっているね。

二宮神社の茅の輪

220625cxG0003.jpg
報徳二宮神社に、夏越の大祓用に、茅の輪が設置されている。
茅の輪をくぐって、半年分の穢れを祓った。

220625cxG0005.jpg
覚え書き…夏越の大祓(報徳二宮神社HPより)

私達は日々生活している間に、常に正しく神様の御心に恥じない行いを心掛けていても、知らずに人を傷つけたり、罪を犯したり、穢れに触れたりします。大祓は、このような諸々の罪や穢れを祓い去り、全ての人が神様からいただいたままの、清く、正しい心の持ち主に立ち帰ることにより、日本の国が罪や穢れのない、清く、明るく正しい社会になるように願うお祭です。 夏越の大祓へは、1年の後半を迎えるにあったての祓へを行います。麻と紙を小さく切った「切麻」を我が身に撒いて祓います。紙を人の形に切り抜いたものに、自分の名前・生年月日を記し、体を撫で息を吹きかけて神社に持参し、一緒に祓らう方法がとられます。また、6月下旬より茅の輪を設けますので、どうぞご自由におくぐりくださいませ。

220625cxG0002.jpg
この日は暑かった。軽く30度超え。
まだ身体が暑さに馴染んでいないので、余計にこたえる。

220625cxG0001.jpg
なるべく日陰を歩くようにしよう。
この日の万歩計は、16000歩ほど。

城址公園〜板橋散歩

6月23日は、曇り空ながら、雨は降らなそうなので、小田原城址公園から板橋まで散歩した。

220623cxG0002.jpg
小田原城あじさい花菖蒲まつりは、19日で終わってしまった。
それでも、花見の人はかなり多かった。

220623cxG0008.jpg
その後、板橋まで散歩する。
生福寺のアガパンサスは、ちょうど満開だ。

220623cxG0013.jpg
秋葉寺。

220623cxG0012.jpg
途中で見かけた猫。
「ニャア」と言ったら、こちらを向いてくれた。

220623ip.jpg
プラムが、一袋100円で売られていた。
冷やして食べたら実に美味しい。もう一袋買っておけば良かったなあ。

この日の万歩計は16000歩ほど。湿度が高くて、だいぶ汗をかいた。

上府中公園 花壇

220622cxG0006.jpg
6月22日、買い物に出たついでに、上府中公園に寄ってみた。

220622cxG0003.jpg

220622cxG0004.jpg

220622cxG0005.jpg
最近、花壇が整備されて、名前の分からない花が色々と咲いていた。

220622ip_4115.jpg
昼は「丸亀製麺」で、新メニューの鶏唐鬼おろしぶっかけうどん(690円)を食べた。
蒸し暑いので、さっぱりとした大根おろしが、美味しく感じられた。

220622ip_4104.jpg
曇り空から時おり霧雨が舞ってくる、梅雨らしい天気だった。

管理人より

mkat

Author:mkat
散歩のついでに撮った写真です。備忘録を兼ねて更新中。
分類 [写真帳-] は撮りためた写真置き場。
画像はクリックで拡大されます。

地域・分類

最新記事

リンク

月別更新履歴

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top