漫遊写真帳

Category : 小田原城址公園

城址公園の花菖蒲咲き始める

5月12日、小田原城址公園東堀の花菖蒲の開花状況を見てきた。

210512cx33994.jpg
常盤木橋南側では、ぼちぼち咲き始めている。
橋の北側は、まだほとんど咲いていなかった。

210512cx33996.jpg
紫陽花も、白い花の株が咲き始めていた。

210512cx33990.jpg
かつて賑やかだった城址公園動物園も、今は猿だけになってしまった。
ちょうど餌やりの時刻。まずはボス猿に、手渡しであげているようだ。

210512cx34001.jpg
その後、買い物に小田原駅前へ。
路地に猫がいた。

210512cx33999.jpg
挨拶すると、ぐっと接近してきた。

1958-196533699.jpg
5月13日は、我が家の初代犬の命日だ。
少年時代を共に過ごした良き相棒(雌だから妹分かな)。
好物は煎餅と果物。庭にあった柿の実が落ちると、それを美味しそうに食べていたなあ。
躾けなど全くしなかったけど、なかなか賢くて、良い犬だったと思う。
スポンサーサイト



5月3日小田原城址公園

例年5月3日から開催される「北条五代祭り」は中止になってしまったが、小田原城址公園の様子を見に行ってみた。

210503cx33929.jpg
常盤木橋を甲冑隊が渡って行く。

210503cx33932.jpg
小田原城天守閣の入館者は制限されているようで、入館待ちの列ができていた。

210503cx33935.jpg
設置されたモニターに、過去のパレード映像が映されていた。

210503cx33936.jpg
「えい、えい、おー!」
勝鬨を上げて、記念写真におさまる観光客。

210503cx33966.jpg
東堀では、ハナショウブが咲き始めていた。

210503cx33968.jpg
アジサイの花のつきも良さそうだ。

御感の藤&イベント準備

4月22日、お茶壺橋横の「御感の藤」が、ちょうど満開になっていた。

210422cx33769.jpg
樹勢の衰えから、昔ほどの華やかさはないけれど、十分に綺麗だと感じられる。
地元民としての思い入れが強いのかもしれないけれどね。

210422cx33774.jpg
南堀でカワセミに遭遇。
この辺りに棲み着いているようで、何度か見たことがある。

210422cx33765.jpg
本丸広場で、イベント準備が進められている。
これは、「小田原ちょうちん&光アートフェスwith北条五代」というもので、中止になった「小田原北條五代祭り」の代替イベントとして開催されるものだ。
期間は、4月24日から5月16日までとなっている。

210422cx33764.jpg
約1500個もの小田原ちょうちんが、本丸広場に展示されるとのこと。

210422cx33766.jpg
そのイベントに因んだものか、こども遊園地の豆汽車も、花で装飾されていた。

210422cx33761.jpg
その後、駅前に買い物に行くと、おしゃれ横丁の空き地で造成工事が始まっていた。
住み着いていた猫たちの行き場が心配だ。

桜と豆汽車

小田原城址公園遊園地には、かつてはいろいろな遊具があったけれど、今は豆汽車とバッテリーカーだけになってしまった。

210330cx33415.jpg

210403cx33558.jpg
この豆汽車は、国鉄D52型蒸気機関車を模したもの。
D52は、国鉄御殿場線を走っていたそうだ。

210330cx33423.jpg
桜の時期は大盛況。
順番待ちの列が、延々と続く。

210330cx33424.jpg
桜の花の間からのぞく小田原城天守閣。
この時期限定の眺めだね。

散りゆく桜

花見の楽しみもいろいろだ。
咲き始めの色はやはり綺麗だし、満開の頃は華やかな美しさ、散りゆく花びらも風流だ。

210402cx33542.jpg

210402cx33543.jpg

210402cx33546.jpg
猫の居場所にも、散った桜がいっぱいだ。

210402cx33518.jpg
花期の短いソメイヨシノに、潔さを感じる向きもあるけれど、やっぱりちょっと勿体無いなあ。

210402cx33547.jpg
天守閣下に、シャガが咲いていた。

管理人より

mkat

Author:mkat
記録写真をもとに、備忘録代わりに更新しています。
分類 [写真帳-] は撮りためた写真置き場。画像はクリックで拡大されます。

地域・分類

最新記事

リンク

月別更新履歴

検索フォーム

QRコード

QR

Top