チェンライ時計塔のイルミネーション

チェンライ時計塔では、暗くなってから一時間おきに、イルミネーションショーを見ることができる。

チェンライ時計塔
それを見るために、わざわざ時間を合わせて行くほどのものでもないので、ちょうどその時間に居合わせたときだけ見物することにしている。

チェンライ時計塔のイルミネーション
1回10分ほどの短いショーということもあって、今回の滞在ではなかなか時間が合わなかった。
帰国が迫った頃になって、ようやく巡り合うことができた。

チェンライ時計塔のイルミネーション
赤色、青色、緑色と、色が変わっていく。

チェンライ時計塔のイルミネーション
BGMは、チェンライラムルック(回想するチェンライ)。
ゆったりとした曲調が、ずっと昔、まだ落ち着いていた頃の古都チェンライを回想させてくれる。

チェンライの夜の露天市場
先週末あたりから、ようやく雨季らしくなってきた。
帰国すると、ちょうど日本は梅雨明けか。う~む、ちょっと辛そうだなあ。
2019-07-24 : タイ国チェンラーイ : コメント : 0 :

ファーサイのムーガタ

ちょうど1週間前になるが、日本から友人が来た日に、焼き肉食べ放題の店に出掛けた。

チェンライのムーガタ
焼き肉食べ放題の店は、チェンライ市内にも何軒かあるけど、このファーサイというチェーン店が評判が良い。
暗くなるにしたがって、テーブルもどんどん埋まってくる。

チェンライのムーガタ
真ん中が盛り上がったこの鍋で、肉を焼いていく。
周囲は溝になっていて、ここにはスープを注いで、野菜などを煮込む。
ムーガタとは、直訳すると豚鍋となるが、この鍋で食べる料理を指して使われるようだ。

ファーサイのムーガタ
ムーガタは一人179バーツ(約630円)だけど、飲み物や氷など注文するから、もう少し高くなる。

ムーガタ店に並んだ肉
豚肉以外にも、鶏肉やラム肉、海老などもあって、とても全部は味わい尽くせない。
いやあ、満足満足。
2019-07-23 : タイ国チェンラーイ飲食 : コメント : 0 :

タイマッサージと空港バス

日本から訪れていた友人がバンコクへ帰る前日、タイマッサージの店に同行した。

チェンライのマッサージ店
チェンライの街中では、ワンカムホテル周辺にマッサージ店が集中している。良く行くのは、Thai Massage とだけ看板が出ている店だ。
外での呼び込みもやらない地味な店だけど、どのマッサージ師もレベルが高い。
店内も綺麗にされていて、シーツや枕、タオルなども、清潔で気持ち良い。

タイマッサージ後のお茶
マッサージの後はお茶で一息。
足マッサージ1時間と、タイ(身体)マッサージ1時間。合計2時間で400バーツ(約1400円)と、ちょっと贅沢だったかな。

チェンライ空港と市内の間を運行するバス
朝、友人はバンコクへ旅立っていった。
市内から空港まで、バスが運行されるようになって便利になった。しかも20バーツと安い。
ルートを見ると、市内外れにある第2バスターミナル迄行っているようなので、使い勝手が良さそう。
2019-07-23 : タイ国チェンラーイ : コメント : 0 :

牛肉そばと抹茶アイス

日本からの友人と、チェンライ市内を、自転車で徘徊した日の昼食とおやつ。

チェンライムスリム食堂の牛肉そば
ムスリムの食堂で牛肉そば。
良く煮込まれた牛肉に、友人も満足してくれたようだ。
これで40バーツ(約140円)だ。

チェンライの甘味処Hokkaido
甘味処の Hokkaido へ。
店内で観察していると、中学生から高齢男性まで、客がひっきりなしに入ってくる。殆どは持ち帰りの客だ。

チェンライの小豆抹茶アイス
この店での定番、Hokkaido 抹茶アイス。自転車を走らせた後には、甘いものが欲しくなる。
29バーツ(約100円)で、この満足感はたまらないね。
2019-07-22 : タイ国チェンラーイ飲食 : コメント : 0 :

チェンライ日曜日歩行者天国

日本の友人と、チェンライ日曜日歩行者天国(タノンコンムアン)に出掛けた。

チェンライ日曜日の歩行者天国
雲がわいて、雨が降る気配もあった。
商品を仕舞って、店を畳もうとする露店、強気でその反対、店開きをする露店。

露店で買ったパッタイとオレンジジュース
タイ風焼きそばパッタイとオレンジジュースの夕食、60バーツ(約210円)也。

チェンライ日曜日の歩行者天国
結局、雨は降らずに済んだ。
店は勿論、遊びに来ていた人にとっても良かったね。

チェンライ歩行者天国のラムウォン
7時を過ぎて、タイ風盆踊りラムウォンが始まる。

チェンライ歩行者天国のラムウォン
暗いので、iPhoneだとこの程度にしか撮れない。
この日は、大汗をかく前に、ほどほどで切り上げることにした。

チェンライ歩行者天国のタイ舞踊
途中、タイ舞踊のショーが行われていた。

昨夜も深夜に大雨。
やっと雨季らしい天気になってきた。
2019-07-22 : タイ国チェンラーイ : コメント : 0 :

ラオマーのガパオ御飯

新時計塔西側に、ラオマーという食堂がある。

チェンライの食堂ラオマー
エアコンにあたりながら食事をしたいときに便利だ。

チェンライの食堂で飲んだビアチャン
ビールは70バーツから。

ラオマーのバジルライス
ガパオ御飯60バーツ(約210円)を食べてみた。
肉は揚げ豚肉が使われている。個人的には、ガパオには挽き肉が合っていると思う。

ラオマーの海老味噌チャーハン
こちらは別日に食べた海老味噌チャーハン。

チェンライの食堂ラオマーの店内
店内は洒落た感じになっている。
2019-07-21 : タイ国チェンラーイ飲食 : コメント : 0 :

チェンライ土曜日歩行者天国

日本の友人と、チェンライ土曜日歩行者天国(タノンコンドゥーン)へ出掛けた。

チェンライ土曜日歩行者天国
歩き始めたら、すぐに6時の有線放送が流れた。チェンライでは、夕方6時になると国歌が流され、その間は直立不動でいなければならない。

北タイの果物ルークチョック
不思議な実を発見。
25年に一度、花を咲かせて実を生らすという。
食べてみたが、白いさらっとした食感だった。ルークチョックというらしい。

チェンライ歩行者天国のマッサージ
少し時間が早いので、マッサージをしてもらう。だいぶ高齢のマッサージ師が、
「筋が硬い。良く歩くんでしょ」
「運動が好きだからね」
マスクをしてるのは、埃が気になるから、とのこと。

チェンライ土曜日歩行者天国
暗くなって、賑やかになってきたぞ。

チェンライ歩行者天国の露店
食べ物も良く売れている。

チェンライ歩行者天国のラムウォン
輪になって踊る、タイ風盆踊りラムウォン。
一緒に踊っていたら、大汗をかいてしまった。

チェンライ土曜日歩行者の露店

夜中に雨が降って気温が下がり、そのお陰で良く眠れた。
2019-07-21 : タイ国チェンラーイ : コメント : 0 :

カオソイメピンのカオソイ

カオソイメピンで、昼飯を食べてきた。

チェンライの食堂カオソイメピン
この店は、昨年開店した新しい店で、なかなか評判も良い。

カオソイメピンの看板料理カオソイ
看板料理は、もちろんカオソイだ。
北タイ名物のカオソイとは、この卵麺を指すようで、市場などでは黄色い乾燥麺がカオソイとして売られている。
茹でられたカオソイと、揚げられたカオソイと、二つの食感が楽しめるのが良いんだよね。
カオソイメピンでは、このスープを御飯にかけた料理もある。こちらも人気メニューになっている。
2019-07-20 : タイ国チェンラーイ飲食 : コメント : 0 :

新BigCとナイトバザール

日本から友人が来ている。
二人で、新しくできたBigCに出掛けてみた。

チェンライパヤメンライ橋からの眺め
足代わりは自転車だ。
雨の心配がないので、移動は楽。パヤメンライ橋からの眺めも、まるで夏空だね。

チェンライの新BigC
新BigC は平屋建てだ。
もっと広いかと思っていたが、それほどでもなさそう。

チェンライの新BigCの店内
手前にテナントが入っている。フードコートも、入ってすぐのところにあった。
雑貨や食材は奥の方にあり、天井が高いので倉庫のようにも見えてしまう。

フードコートで食べたラートナー
フードコートで、軽く、餡掛け麺でエネルギー補給を。

チェンライナイトバザール
夜はナイトバザールへ。
屋根の範囲が広がっているのは、雨対策だろう。

チェンライ街角の干し唐辛子
散歩の途中で見掛けた干し唐辛子。

予定している滞在日数も、指折り数えるほどに減ってきている。
暇なようでいて、それなりに用事もあって、なかなか気忙しくなってきた。
2019-07-20 : タイ国チェンラーイ : コメント : 0 :

ハンレーとコーヒーとステーキ

順番からいけば、この日はブッフェの日だったが、急遽オーラーで食べることになった。
何事も、予定通りにいかないことはママある。

チェンライの食堂オーラーのハンレー
ハンレーを味わう。

ハンレーの食べ方
カレーのように御飯に掛けて。

チェンライ北タイ料理店オーラー
しかし、この店は落ち着くなあ。

チェンライの喫茶店プーチードゥアン
午後の暑さを避けて、この日もコーヒーショップに逃げ込む。
シンハクライ通りに新しくできた、プーチードゥアンという店だ。

プーチーファーのコーヒー
店名から予想できる通り、チェンライ県プーチーファー地方の山で栽培されたコーヒーとのこと。
ラオス国境地帯には、高さ1300m級の山がいくつかあるらしい。

チェンライバーンガピのステーキ
夕飯はバーンガピのステーキ。
牛肉が品切で、ポークチョップで良いか、と店主が訊いてきた。
出てきたのは、Tボーンポーク版のようなものだった。
骨付き肉は、食べにくいけど美味しいなあ。


黒米と白米の二段重ね。

バーンガピの店猫
店猫は控えめで大人しい。
2019-07-19 : タイ国チェンラーイ飲食 : コメント : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

管理人より

陽月庵

Author:陽月庵
備忘録を兼ねて更新しています。
分類 [写真帳-] は撮りためた写真置き場。
画像はクリックで拡大されます。

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: