漫遊写真帳

Date : 2020年08月

ねこねこ食パンの店再び

先週末、伊勢原の”ハートブレッド ANTIQUE伊勢原店”に行ってきた。

伊勢原ねこねこ食パンの店
前回のねこねこ食パンが、なかなか美味しかったので、一ヶ月半ぶりの再訪だ。

店に並んだねこねこ食パン
食パンもいろいろ種類があって、目移りしながらも、この日もプレーン(税込540円)を選ぶ。

ハートブレッドアンティーク伊勢原店のパン
昼食用に、THEホットドッグ(324円)、半熟たまごカレーパン(237円)、名前不明の菓子パン(421円、何れも税込)を買った。
ホットドッグは、パン生地がフランスパン風でボリュームがあった。カレーパンは、本当に半熟たまごが入っていて、ちょっと感激。名前不明菓子パンは、クリームの風味が美味しかった。外側のパン生地がぽろぽろこぼれて、ちょっと食べ辛かったけど。
三つともボリュームがあって、かなり満腹になった。

しかし、ミルク100%というねこねこ食パンは、癖になってしまいそうだ。
スポンサーサイト



8月の海

小田原スナップ 8月の御幸の浜海岸でテトラポットに座る男女
2015年8月、小田原御幸の浜海岸、Leica D-Lux6。

8月の終わり、遊泳域を示すブイはあるけれど、泳ぐ人は見当たらない。
来年は、普通に海水浴場も開かれるだろうか。

御幸の浜〜小田原城南堀散歩など(付 本町小学校校歌)

猛暑日にはならない予報なので、小田原市内を散策してみた。

小田原御幸の浜海岸
御幸の浜海岸で海の風に吹かれる。自然の風は気持ち良いなあ。

小田原城南堀のハス
小田原城南堀。
ハスの実も、殆ど落ちてしまっている。

小田原スナップ ベンチに居座る鳩
ベンチでひと休み、と思ったら…先客がいた。

小田原城学橋
”学橋”と書いて”まなびばし”と読む。
その昔、この橋を渡ったところ(写真の手前側)に城内小学校があった。もっと昔は、城内高校もあった。
先週から、新学期が始まっているらしい。

公園猫
公園に住む知り合い猫。肉球に触れながら挨拶する。

麺屋きよたかの全部のせ濃厚鶏白湯そば
”麺屋きよたか”で、ラーメンを食べてきた。
この日はちょっと豪勢に、特製(全部のせ)濃厚鶏白湯そば(税込1000円)。
鶏肉と鶏出汁、鶏の味わいを、たっぷり楽しむことができた。

覚え書き…
小田原市立本町小学校校歌(今は無き我が母校の校歌)

みゆきの浜べに寄せくるお波 箱根の山風 さやめき ひびく
二ノ宮神社のいちょうの若葉 うけつぐほまれに かがやく光
至誠の教えに心をみがく 小田原本町 いざやすすまん

かしこきみことば おてうえ松に 我が学びやの はえおばうたう
ゆかりの城あと 石ずえかたく いそしむわれらに あふるる望み
協和の教えにむつびぞあえる 小田原本町 いざやすすまん

(作詞:福井正夫)

タイ料理あれこれ〜持ち帰り

タイでは、大抵の食堂で持ち帰りができる。
申し出れば、プラスチック容器やビニール袋に入れてくれる。市場や路上では、持ち帰り専門の屋台も多い。
その昔数年間、市場食堂の経営を手伝ったことがあるが、持ち帰り客用のビニール袋にはかなり泣かされた。汁物がうまく入らない。口を締める輪ゴムが不細工だ。その間の、客の冷たい視線。
何とかこなせるようになるには、ちょっと時間が掛かった。

カオムーデーンの弁当
カオ・ムー・デーン(赤い豚ご飯)。ムーデーンとは、まあチャーシューのこと。縁を赤く染めることが多いので、こう呼ばれているようだ。
もともと掛かっているタレは、かなり甘いので、小袋の調味料で味を整えて食べることになる。

カオモックガイの弁当
カオ・モック・カイ(鶏肉を埋めたご飯)。カレーの炊き込み御飯で、ちょっとドライカレーのような味わいだ。
肉は、牛肉が使われることもある。その場合は、カオ・モック・ヌア(牛肉)と呼び方も変わる。

カオグラパオムーの弁当
カオ・グラパオ・ムー(豚肉バジル炒めご飯)。人気のメニューで、弁当にしても美味しい。
ちなみに弁当は、タイ語では「ピントー」となる。日本語に似ているね。

タイの竹飯カオラム
カオ・ラム(竹ご飯)。竹にもち米を詰めて焼いたもの。列車やバスの車内販売でもおなじみの携帯食だ。
外側の竹は、軟らかい部分だけなので、手で簡単に剥くことができる。写真のカオラムは、ココナッツミルク風味。小豆を入れたカオラムも美味しい。

第31回大井よさこいひょうたん祭

大井よさこいひょうたん祭”和”の演舞
2017年8月、大井町大井よさこいひょうたん祭、Panasonic G1。

「大井のまちに来てみりゃ 老いも若きもよう踊る ひょうたん両手によう踊る よう踊る…」
今年の8月は、例年小田原周辺で開かれる、殆ど全てのイベントが中止になってしまった。
人混みは嫌いだけど、そういう機会が全くないのもちょっと寂しい。

8月の一夜城歴史公園

石垣山一夜城歴史公園に出掛けてきた。

一夜城歴史公園南曲輪の石垣
南曲輪の石垣を横目に、散策開始。

一夜城歴史公園櫓台から見た小田原の街
この日は見晴らしが良く、櫓台からは小田原の街が一望できた。

小田原スナップ 一夜城歴史公園
海からの風が吹き抜けて、実に気持ちが良い。
しばらく休憩して、駐車場に向かう。

一夜城歴史公園駐車場のアメジストセージ
駐車場脇の小公園では、アメジストセージが咲いていた。

港の猫
小田原漁港に立ち寄って猫探し。
知り合い猫がいたので、声を掛けると挨拶にきた。この猫は狭いところが好きらしく、首から上がいつも汚れている。

秋の気配

箱根スナップ 晩夏の芦ノ湖
2016年8月、箱根町芦ノ湖、Epson R-D1x。

ひと雨ごとに秋が近づいているように感じる今日この頃。

箱根ベーカリー風祭店のパン

6月に開店した箱根ベーカリー風祭店で、パンを買ってみた。

箱根ベーカリー風祭店
駐車場も広々としていて、車で立ち寄りやすい店になっている。

箱根ベーカリー風祭店の店内
店内で食べる空間も用意されているが、ちょっと狭いかな。

箱根ベーカリー風祭店のテラス席
テラス席もあるけど、照り返しが強く、この暑さでは辛い。

箱根ベーカリーのパン
近くの公園で食べることにした。
購入したのは、箱根クリームパン(200円)、あんこフレンチ(200円)、箱根カレーパン(200円、何れも税込)。
カレーパンは、トマト味が濃い独特の味わい。クリームパンは、パン生地が黄色っぽく、卵の香りが感じられる。やわらかなクリームもなかなか美味しかった。

プールの後に

小田原スナップ 御幸の浜プール前
2015年8月、小田原市御幸の浜プール前、Leica D-LUX6。

プールの後は、まったりと。

秦野カルチャーパークと”まるひで”のごちそう味噌ラーメン

戸川公園でひまわり畑を見た後、昼食は”まるひで”で食べた。

秦野まるひでのごちそう味噌ラーメン
ちょっと奮発して、ごちそう味噌ラーメン(950円税別)。
チャーシューの厚みが、いかにも肉を食べているという気にさせてくれる。
炒めたもやしとキャベツもかなり入っていて、なかなかバランスが良い。

秦野カルチャーパークのプール
秦野カルチャーパークは、けっこう賑わっていた。
プールは、時間制限で開場されていた。

秦野カルチャーパークのじゃぶじゃぶ池
じゃぶじゃぶ池では、子供たちが水遊びを楽しんでいる。

秦野カルチャーパークの夏バラ
バラが咲いている。
一般的に、夏バラは咲かせない方が良いとされる。この調子だと、秋バラは期待薄かな。

腹側から見たアブラゼミ
アブラゼミに腹側から接近。

管理人より

mkat

Author:mkat
記録写真をもとに、備忘録代わりに更新しています。
分類 [写真帳-] は撮りためた写真置き場。画像はクリックで拡大されます。

地域・分類

最新記事

リンク

月別更新履歴

検索フォーム

QRコード

QR

Top