漫遊写真帳

Date : 2020年09月

本栖湖から河口湖へ

物書きをやっている友人のKさんと落ち合い、打ち合わせ前に、先ずは富士五湖巡りをした。

樹間から見える本栖湖の湖面
五湖の中では、一番外れにある本栖湖。
平日にもかかわらず、キャンプ場には人がいっぱい。湖を周遊する道でも、何台かの車と擦れ違った。

精進湖の湖畔
精進湖では、湖畔まで下りてみた。
富士山は、昼前から雲に隠れてしまった。

精進湖の湖水
湖の水は澄んでいて、意外と温かかった。

富士五湖スナップ精進湖にて
ボートが干されている。
富士五湖では、近年、カヌー・カヤック競技を楽しむ人も増えているそうだ。

河口湖畔犬を連れた人
肝心の要件は、河口湖畔にある”道の駅かつやま”で済ませた。
ここはフリーWiFiが使える(60分無料)ので便利。
湖畔の広場は、ペット同伴エリアと人間だけと、住み分けがされている。

道の駅富士吉田のカレーうどん大盛り
昼は”道の駅富士吉田”で、吉田うどんを食べた。
選んだメニューは、カレーうどん大盛り(600円税込)。うどんが踊るようにはねるので、カレーの飛沫に注意しながら、美味しくいただいた。
スポンサーサイト



道の駅すばしりから山中湖

友人の作家氏(甲府在住)との打ち合わせを兼ねて、富士五湖方面を周ってきた。

道の駅すばしりから望む初冠雪の富士山
久し振りの青空。休憩で立ち寄った道の駅すばしりからも、初冠雪の富士山が見える。

山中湖で日光浴をする白鳥
10時30分、山中湖到着。この時には、まだ富士山が見えていた。
白鳥も日光浴かな。

山中湖で白鳥と挨拶する子供
山中湖の白鳥は、かなり人馴れしている。

白鳥の湖山中湖
道の駅も山中湖も、観光客がかなり増えているようだ。
外国人よりも、日本人が日本を観光できることは、(個人的には)良いことと思っている。

南足柄市大口広場の彼岸花
行きに立ち寄った南足柄市大口広場。
彼岸花がほぼ満開になっていた。お彼岸からそろそろ一週間、今年の彼岸花は、開花時期が遅かったようだ。

芦ノ湖の見えるテーブル席

ベーカリー&テーブルから望む箱根芦ノ湖
2018年9月、箱根町元箱根、Epson R-D1x。

朱色の鳥居は箱根神社の水中鳥居。

上府中公園の彼岸花いろいろ

空模様があやしいときの散歩によく利用する上府中公園。
広い駐車場が二箇所あり、雨が降り出してもすぐに避難できるのが便利なところ。

上府中公園
株数は多くないが、上府中公園にも彼岸花が咲いていた。

赤い彼岸花
駐車場近くには、赤い彼岸花。まあ一番一般的な色だね。

白い彼岸花
最近よく見掛けるようになってきた白い彼岸花。

クリーム色の彼岸花
これも白色かと思ってよく見ると、赤見がさしている。全体的にはクリーム色にも見える。

彼岸花にもいろんな色合いがある。二宮吾妻山公園では、黄色い彼岸花もたくさん咲いていたなあ。
それぞれ品種名もあるのだろうが、未だ調べたことはない。

200923cx32912.jpg
上府中公園は、外回りを一周すると約1kmになるらしい。分かりやすくて良いね。

リンガーハットの長崎ちゃんぽん餃子5個セット
昼は”リンガーハット”で、長崎ちゃんぽん餃子5個セット(690円税別)を食べた。
麺増量無料が有り難いし、野菜も多く、安定した美味しさ。
もちろん株主優待券を使ってね。今年の分が未だもう1枚あるぞ。

”グリルとしお”のとんかつバーグ定食

小田原山北線沿いにある”グリルとしお”で、昼食を食べてきた。

グリルとしおのとんかつバーグ定食
選んだのは、定食メニューの一番上にあったとんかつバーグ定食(880円税込)。
ちょっとやわらか目のハンバーグと、カラッと揚がったとんかつ。生野菜と、ハンバーグの下にはポテトサラダも隠れている。肉と野菜のバランスが良い。
ご飯もたっぷり。普通の食堂なら、大盛りくらいの食べ応えがある。
そして食べ終わる頃には、レモンの薄切りが入った紅茶も出てきた。

グリルとしおのメニュー表
街の洋食屋さんといったメニューは、どれも美味しそう。片っ端から食べてみたくなるね。
客層も常連さんが多いようだ。

グリルとしおの店の外観
店の裏と、向かい側にも駐車場がある。

午後3時の酔芙蓉の花
腹ごなしに酔芙蓉の郷を散策。
そろそろ午後3時、だいぶ赤見が差してきている。

お堀端通りのチンドン屋

小田原スナップお堀端通りのチンドン屋
2015年9月、小田原お堀端通り、Leica D-LUX6。

小田原街角スナップ。お堀端通りで見掛けたチンドン屋さん。
珍しさと懐かしさが手伝ってか、足を停める人が多かった。

”寒梅亭”のレバニラランチ+台湾ラーメン

秦野の、国道246号線沿いにある”寒梅亭”で昼食を食べてきた。

寒梅亭の台湾ラーメン
ランチ(580円)に少々プラスするとラーメンが付くので、それを注文。ラーメンは台湾ラーメンを選んだ。
まずはラーメン登場。半ラーメンくらいかと思ったら、完全に一人前の量だ。

寒梅亭のレバニラランチ
しばらくして、レバニラランチが運ばれてきた。こちらもなかなかの迫力だ。
ご飯の量を訊かれたので、遠慮して小盛りでお願いした。
レバニラは酸味が効いていて、意外とさっぱりしている。もやしが多いので、わりと楽に食べきることができた。
これならご飯も普通盛りで良かったかと思ったが、まあまあ「腹も身の内」と言うからね。

寒梅亭の店内
店内は、ゆったりとしている。
12時を過ぎる頃から、テーブルがどんどん埋まっていった。

若松町交差点にある中華料理寒梅亭
寒梅亭は、若松町交差点にあるので、秦野への行き帰りに、いつも気になっていた店だ。

公園猫
秦野カルチャーパークに立ち寄ると、知り合い猫がいた。
挨拶してしばらくすると、すたすたと歩き出した。どこへ行くのか、もしかすると…

水飲み場で水を飲む公園猫
やはり、水飲み場へ。座って待っているので、蛇口を捻ってやると、美味しそうに飲み始めた。
なかなか人使いが上手い猫だ。

お彼岸の中日に”伊勢屋”の和菓子

22日はお彼岸の中日ということで、伊勢屋でおはぎを買ってきた。

小田原伊勢屋の和菓子
買ったのは、つぶし餡のおはぎ(172円)と豆もち(124円何れも税込)。
昭和10年創業というからすごい。昔ながらの味で、美味しかった。

子供の頃、買い物を言い付けられて、良く伊勢屋におはぎを買いに行ったものだ。
あるとき、おはぎを買って帰宅すると、お膳の上に大量のおはぎが並んでいる。親戚からの頂き物だった。
その後何食か、おはぎがご飯代わりになったなあ。

小田原伊勢屋の店の外観
伊勢屋は、幅二間ほどの小さな店だ。
お彼岸とあって、買い物客が並んでいた。

小田原なりわい交流館
伊勢屋の横には”なりわい交流館”がある。
観光客らしき人が、何組か休憩していた。

松原神社の猫
帰り道、松原神社に立ち寄ると、前に見掛けた猫がいた。
池を覗き込む猫に、しばし癒される。

彼岸花と農作業
我が家の周辺は、ちょうどお彼岸の頃に、稲の刈り取り作業が行われる。

南足柄運動公園2020年の彼岸花は

毎年、彼岸花の季節に訪れる南足柄運動公園。
今年もそろそろ満開かと思い、出掛けてみた。

2014年南足柄運動公園満開の彼岸花
過去写真を眺めながら、期待は膨らむ。今年も、この斜面は真っ赤になっているかな。

2020年彼岸花の咲いていない南足柄運動公園
ところが…ほぼ同じ場所はこんな有り様。

南足柄運動公園の彼岸花
時期が早いとかではなく、何せ、花芽がほとんど出ていない。

彼岸花の咲かない南足柄運動公園
見物に訪れた人も、一様に残念そうな表情だった。

第21回ODAWARAえっさホイおどりより

ODAWARAえっさホイおどりの踊り子
2019年9月、第21回ODAWARAえっさホイおどり、Panasonic G1。

9月19・20日に予定されていた”ODAWARAえっさホイおどり”は、延期されて、来年3月14日開催とのこと。

管理人より

mkat

Author:mkat
記録写真をもとに、備忘録代わりに更新しています。
分類 [写真帳-] は撮りためた写真置き場。画像はクリックで拡大されます。

地域・分類

最新記事

リンク

月別更新履歴

検索フォーム

QRコード

QR

Top