真鶴百景:真鶴よさこい大漁フェスティバル

真鶴よさこい大漁フェスティバル
2014年10月、真鶴よさこい大漁フェスティバル、Panasonic G1。

11月13日に予定されていたこの催しも、昨年に続き中止と発表されている。
「乱気流」というよさこいチームは、2018年に解散してしまったが、表情も明るく、振り付けも元気があって、素晴らしいよさこい踊りを見せてくれていた。
スポンサーサイト



2021-10-31 : 写真帳-10月 :

おおいゆめの里から富士山を望む

10月29日は、朝から雲ひとつない晴天だったので、富士山を見に「おおいゆめの里」に出かけた。

211029lx50535.jpg
午前中に行ったので、くっきりはっきりとした富士山を見ることができた。

211029lx50530.jpg
アメジストセージも綺麗に咲いている。

211029lx50534.jpg
里山散歩も楽しい。
秋の深まりを感じるね。

211029lx50540.jpg
農産物直売所が開いていたので、柿と生姜を買った。

211029ip_3236.jpg
昼は「五味八珍」で、ラーメンと五目炒飯セットを食べた。
この店は、行く度に割引クーポンをくれるので、月に1〜2回は通ってしまうなあ。

ちなみに、「おおいゆめの里」は大井町にある。
平仮名ばかりだと、かえって分かりにくい気もする。
2021-10-30 : 大井町 :

夕刻の川辺

10月28日は、何かと忙しく、午後遅くなってからやっと時間をとることができた。

211028cx35291.jpg
酒匂川左岸を自転車散歩。
鳥もねぐらに帰っていくのかな。

211028cx35292.jpg
秋の日は釣瓶落とし。

211028cx35296.jpg
この日は、朝から富士山が綺麗に見えていた。

211028cx35302.jpg
カモと一緒に帰りましょ。
2021-10-29 : 小田原散歩10月 :

山下公園散歩

10月27日、横浜に出かける用事があったので、山下公園とその周辺を散策した。
この辺りは、ちょうど10年振りくらいになるかな。

211027lx50512.jpg
元町駅を出ると、小雨が降り始めた。

211027lx50517.jpg
氷川丸。

211027lx50518.jpg
バラ園も整備されている。

211027lx50511.jpg
水の守護神像。
これは、昭和35年7月に、横浜の姉妹都市のサンディエゴ市から贈られたものとのこと。

211027lx50510.jpg
そぼ降る雨が、冷たく感じられる。
お腹が空いてきたので、中華街で温かいものでも食べよう。
2021-10-28 : 神奈川県内他地域 :

秦野戸川公園のざる菊

秦野戸川公園で、ざる菊が咲き始めていた。

211025lx50469.jpg
ざる菊は、色によって開花時期が少しずれる。
黄色と赤色が先に開花するようだ。

211025lx50468.jpg

211025lx50489.jpg
カツラの紅葉が進んでいる。

211025lx50472.jpg
散歩中、撮らせていただいた。
2021-10-27 : 秦野市 :

秦野カルチャーパークの秋バラ

10月25日、秦野カルチャーパークで、秋バラがよく咲いていた。

211025lx50452.jpg

211025lx50450.jpg

211025lx50449.jpg
バラ園を歩いているだけでも、独特な香りが漂ってきて、気分が良くなってくる。

211025lx50445.jpg
少しずつ紅葉も進んでいる。

211025lx50462.jpg
知り合い猫がいたので、名前を呼んだら出てきた。
この猫はお喋りで、この時も「にゃあ」。
猫語翻訳アプリによると「注目して」と言っているそうだ。

211025ip.jpg
昼は「鴻翔」で麻婆豆腐ランチ(580円税別)を食べた。
作りたてが鉄鍋ごと出てくるので熱々だ。寒い陽気だったので、身体が温まって良かった。
2021-10-26 : 秦野市 :

スズランノキ(鈴蘭木)

河口湖大石公園で、一足早く、見事に紅葉している木があった。

211018rdN1007.jpg
根元の案内板によると、北米原産のスズランノキということだ。
紅葉の美しさから、世界三大紅葉樹に数えられる。
初めて見る木だが、改めて、新しいことを知るのは楽しいものだ。

211018rdN1008.jpg
これが花になる。
花の付き方は、スズランにちょっと似ている。

覚え書き・・・
スズランノキ(植木ペディアより)

・北米の東南部を原産とするツツジ科オクシデンドルム属の落葉樹。ニシキギ、ニッサ(ニッサボク)と並ぶ世界三大紅葉樹と称される鮮明な紅葉と、夏に咲くスズランのような白い花に観賞価値を求めて、近年、急速にシンボルツリーなどとして庭木に利用されるようになった。
・開花は7~8月で、小さな白い花が20~25センチほどの穂状に垂れ下がって咲く。花の一つ一つは同じツツジ科のアセビやネジキに似るが、開花期の蕾や花穂の雰囲気はリョウブに似る。
・葉は厚めの楕円形で、枝から互い違いに生じる、年間を通じて多少赤みを帯び、秋の紅葉期になるとやや紫色を帯びる。日本に自生する紅葉の美しい木は寒冷な地を好むが、本種はナンキンハゼやトウカエデと同様、温暖な低地でも鮮やかに色づきやすい。ただし、実際の紅葉の美しさについては好みが分かれる。
・幹は灰白色で、原産地では樹高20mにも達するが、日本では2m程度の低木として扱われることが多い。
・本来スズランノキは、北米東部を原産とするツツジ科ゼノビア属の低木「ゼノビア」を示していたが、本種もスズランノキとして流通するようになり、混乱が生じている。ゼノビアは耐暑性が乏しく暑さに弱い。
2021-10-25 : 神奈川県外 :

城址公園〜二宮神社散歩

10月23日、秋晴れに誘われて、小田原城址公園付近を散策した。

211023cx35267.jpg
桜の木の紅葉が進んでいる。

211023cx35279.jpg
土曜日とあって、人出もそこそこ。
菊花展の準備も進められている。

211023cx35281.jpg
傾いてきた太陽が、ちょうど天守閣にかかっていた。

211023cx35274.jpg
城址公園から二宮神社へ。
そろそろ七五三だね。

211023cx35290.jpg
知り合い猫。
春先は体調不良で心配したけど、夏を越して食欲も戻り、だいぶ元気そうに見える。
2021-10-24 : 小田原城址公園 :

諏訪の原公園〜フラワーガーデン散策

小田原フラワーガーデンで秋バラを見た後、隣接する諏訪の原公園を散策した。

211020lx50425.jpg
この日は見晴らしが良く、正面にはちょうど大山が見えている。

211020lx50431.jpg
風を呼ぶ花コスモス。

211020lx50436.jpg
陽射しが心地よく、クモまで日光浴を楽しんでいるように見えてしまう。

211020lx50442.jpg
ガーンジーリリーというらしい。一瞬、ヒガンバナかと見違えてしまった。

211020lx50440.jpg
ケイトウが、ほっこりと暖かそうだ。

211020lx50437.jpg
軽く汗をかいたので、モナカアイスを食べる。
今年最後のアイスになるかもしれない。
2021-10-23 : 小田原フラワーガーデン :

道の駅かつやまにて

河口湖大石公園を後にして、「道の駅かつやま」でひと休み。

211018rdN1024.jpg
この道の駅は、駐車場も広く、河口湖畔にあるので利用しやすい。

211018rdN1010.jpg
佳き日。

211018rdN1017.jpg
道路に設置された温度計によると、このときの気温は8度。
小田原なら真冬の寒さだ。
2021-10-22 : 神奈川県外 :
ホーム  次のページ »

管理人より

陽月庵

Author:陽月庵
備忘録を兼ねて更新しています。
分類 [写真帳-] は撮りためた写真置き場。
画像はクリックで拡大されます。

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: