小田原の春夏秋冬(2023年)

230405lx80487_20231230102819d89.jpg
春本番は、やっぱり桜。
一夜城ヨロイヅカファーム。

230703lx90231_202312301028215a2.jpg
歩く姿は百合の花。
小田原城址公園。

230916g180212.jpg
小田原えっさホイおどり。
今年は25周年記念開催だった。

231217exG7116.jpg
だるまに魂を。
飯泉観音だるま市。

2023年(令和五年)も、残すところあと数時間。
良いお年をお迎え下さい。

スポンサーサイト



2023-12-31 : 雑記・未分類 :

正月用日本酒「小田原北条」 12/30

231230ip_6429.jpg
正月用日本酒は、今年は「小田原 北条」にした。

231230ip_6428.jpg
大井町の「井上酒造」製造。
原材料は、米と米麹の純米酒だ。
地酒をちびちびと。
下戸でも、正月くらいは楽しまなければね。

231229ip_6412.jpg
昨日立ち寄った秦野の「出雲大社」でも、正月準備が進んでいた。
「参拝は八列で」と記されていたので、初詣の混雑ぶりが想像できる。

231229ip_6411.jpg
ヤギのももちゃんは元気そう。

231229ip_6413.jpg
昨日の昼食は「みや古食堂」で。
久し振りに揚げ物が食べたかったので、ミックスフライ定食(1100円)にした。
ご飯を大盛りにしたので満腹になった。
2023-12-30 : 雑記・未分類 :

おおいゆめの里 12/29

231229ip_6407.jpg
富士山が綺麗に見えていたので、午前中のうちに、
「おおいゆめの里」に出掛けた。

231229ip_6406.jpg
ここのスイセン花壇は、満開になるとなかなか見応えがある。
まだ五分咲きほどだろうか。

231229ip_6408.jpg
途中で見掛けた、お焚き上げを待つだるまと熊手。

この日は忘れずにカメラは持って出たのだが、バッテリーがすっからかんだった。
そこで、これまたバッテリーが危ういiPhoneを使って撮る羽目になった。
2023-12-29 : 大井町 :

お堀端通り〜海〜二宮神社 12/28

231228ip_6388.jpg
すっかり冬のお堀の風物詩になったユリカモメは、
例年に比べるとまだ数は少ないようだ。

231228ip_6395.jpg
この日はカメラを忘れてきたので、iPhoneのカメラで撮った。
実際以上に派手な写りになるので、ちょっと恥ずかしい。

231228ip_6403.jpg
二宮神社では、正月用の提灯に火が灯っていた。
今年も残すところあと四日か。
2023-12-28 : 小田原散歩12月 :

小田原漁港 12/27

231227lx00132.jpg
15時頃になると、いっせいに釣り船が帰港する。

231227lx00135.jpg

231227lx00130.jpg
店番猫も元気のようだ。

231227lx00129.jpg
西日を受けてぬくぬく。

231227ip.jpg
昼は久し振りに「興福順」で食べた。
時間が遅くなって空腹だったので、ニンニク炒飯の大盛りにしたが、
ちょっと食べ過ぎたかもしれない。
2023-12-27 : 小田原散歩12月 :

城址公園 12/26

231226lx00120.jpg
この日は日差しもあって、暖かな過ごしやすい一日になった。
学橋付近では、ユリカモメが群れていた。

231226lx00127.jpg
学橋と書いて、まなびばし。
橋を渡ると学校があったことに因んでいる。

231226lx00123.jpg
常盤木橋の近くでは、ロウバイが咲き始めていた。
懐かしい匂いだ。

231226lx00122.jpg
二宮神社では、新年を迎える準備が始まっている。
2023-12-26 : 小田原散歩12月 :

富士見大橋周辺 12/25

231225lx00112.jpg
富士山には、これくらいの雪が一番似合っているように感じる。
富士見大橋上にて。

231225lx00107.jpg
柿畑。

231225lx00106.jpg
こちらはイチジク畑。

231225lx00113.jpg

昨年の春に、膝を痛めて、ずっとジョギングができないでいた。
今年になって再開したら、今度は脛に痛みを感じるようになった。
しばらく大人しくしていて、もう良かろうと、秋から走り始めている。
まだまだ短距離をゆっくりとしか走れないが、少しずつ馴らしていくしかない。
そもそも故障をしないように気を付けるのが肝要だ。

2023-12-25 : 小田原散歩12月 :

小田原百景:冬至の海

231209lx00066.jpg
2023年12月、御幸の浜海岸、Panasonic LX5。

冬至の頃、太陽高度は最も低くなり、昼間でも海面が眩しく見える。
この日は、季節外れの暖かさだったけれど、以降本格的に寒くなった。

12月に入って、掛け布団を羽毛布団に変えた。
しばらくは1枚だけで良かったのが、冬日になって流石に我慢できない。
そこで、掛け布団に毛布を追加。寝具を真冬仕様に変えている。
2023-12-24 : 写真帳-12月 :

小田原百景:飯泉観音だるま市

231217exG7123.jpg
2023年12月、飯泉観音だるま市、Casio EX100。

今年のだるま市は、比較的暖かく、穏やかな陽気に恵まれた。
夏日、真夏日などの用語は一般的だけど、冬日という言葉もあるようだ。
その定義は「日最低気温が0℃未満の日」とされている。
ちなみに真冬日というのもあって「日最高気温が0℃未満の日」とのこと。
小田原も、昨日と今日は冬日になった。
温暖な気候の当地では、真冬日になることは、まずなさそうだ。
明日からは、わりと暖かになる予報になっている。

2023-12-23 : 写真帳-12月 :

上府中公園 12/22

231222lx00100.jpg
22日の朝は冷え込んだ。小田原でも氷点下になったらしい。
この冬最強の寒波とのことで、昼も10度に届かなかったのではないか。

231222lx00098.jpg

231222lx00102.jpg

231222ip_6384.jpg
今年も、下曽我駅近くの直売所に、ミカンが並ぶようになっていた。
ミカン二種類とキウイを買って帰った。

231222ip_6383.jpg
昼はリンガーハットで、ちゃんぽん麺1.5倍、半チャーハン、餃子で、
お腹もぬくぬくと温まった。
2023-12-22 : 小田原散歩12月 :
ホーム  次のページ »

管理人より

陽月庵

Author:陽月庵
備忘録を兼ねて更新しています。
分類 [写真帳-] は撮りためた写真置き場。
画像はクリックで拡大されます。

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: