漫遊写真帳

 地域:神奈川県西部ときどきタイ国北部

小田原フラワーガーデンの梅園

小田原フラワーガーデンでは、1月25日から3月8日迄の予定で、梅まつりが開催されている。
開催前日の24日、開花状況はどんなものか、様子見に出掛けてみた。

小田原フラワーガーデンの梅園
早咲きの品種は、だいぶ開花が進んでいる。

小田原フラワーガーデンの梅園
白梅よりも紅梅のほうが目に付く。

小田原フラワーガーデン渓流の梅園
平日は空いているので、ゆっくり散策できるのが良い。

小田原フラワーガーデン梅の花を鑑賞する人
梅園には、200品種480本の梅が植えられているというからすごい。

小田原フラワーガーデン早咲きの紅梅
早咲きから遅咲きまで、長く楽しめるのが嬉しいね。

自販機で買った梅よろし
せっかくだから、梅つながりの飲み物で喉を潤そう。

覚え書き・・・
小田原ではなぜ梅が栄えたか。
小田原城の名将 北条早雲(約400年前)が、梅干しの薬効、腐敗を防ぐ作用に目をつけ、戦の食用に格好と、小田原の農家に梅の栽培を奨励したことが始まり。
小田原は温暖な気候、豊富な梅、梅干し作りに欠かせない海からの塩があり、日本有数の梅干しの産地になった。
(小田原フラワーガーデンの掲示物より)
スポンサーサイト



Comment

2020.01.26 Sun 21:41  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020.01.27 Mon 08:48  Re: タイトルなし

梅の花は、長く楽しめるのが魅力ですね。
2月になると、小田原梅まつりも始まります。あちこち周ってみるつもりでいます。
  • #-
  • 漫遊人mka
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Home

Top