漫遊写真帳

 徒然なるまま写真日記

昭和の小田原 友だちを写す

昭和の小田原

昔のアルバムを整理していたら、自分で撮った写真が並ぶページがあった。
記憶にあるのは、初めて手にするカメラが面白くて、やたらと撮り歩いていたこと。近所の遊び友だちや、当時飼っていた犬、同級生の誕生日会の様子等など、もう少年カメラマン気取りだったようだ。
この写真は、小田原城天守閣のすぐ下。背景の石垣は天守閣のものだ。直立した格好は面白くないから何かポーズを付けてくれと頼んだら、タケシ君はポケットからハンカチを出して半身に構えてくれた。妹のミドリちゃんはその格好が可笑しくて、笑いを堪えている。
タケシ君は、少女を救い出したヒーロー気取りだったのかもしれない。
そのヒーローのハンカチが、ヨレヨレだったことも、しっかり覚えているぞ。
関連記事
スポンサーサイト



Comment

2021.04.14 Wed 10:36  

初めてのカメラって嬉しいですもんねー!
わかる、わかる(^^)/
  • #-
  • onorinbeck
  • URL
  • Edit

2021.04.15 Thu 08:39  Re: タイトルなし

画角が正方形なので、何のカメラだったのか、覚えていないんですよ。
この後、オリンパスペンを使ったことは確かなんですけれど。







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Home

管理人より

mkat

Author:mkat
記録写真をもとに、備忘録代わりに更新しています。
分類 [写真帳-] は撮りためた写真置き場。画像はクリックで拡大されます。

地域・分類

最新記事

リンク

月別更新履歴

検索フォーム

QRコード

QR

Top